人が転職を行う理由は様々ですね。ですが今の職場より全てが劣ったところを、新たな職場に選ぼうと考える人はいないと思います。遠方への転居などというのっぴきならない事情がある以外は、好条件の転職先が見つからない限りは、どんなに不満があっても職場を変えることはないでしょう。

 

 しかし全てが今より条件のいい職場、というものは、なかなか見つかるものではありません。それを無視して理想を追い、妥協せずに転職活動を続けてしまうと、結局は転職することができないということもありえる話です。不満の中で仕事を続けるということは、自分にとっても職場にとっても歓迎しかねることです。

 

 転職を考えた時、自分は今の仕事の何が不満で、何を一番改善したいのかということをしっかり見つめなおしてみましょう。給料が少ないのが不満なのか、自分の持っているスキルを生かせないことが嫌なのか。人間関係に悩んでいるのか、それとも通いづらさが原因なのか。そして妥協できることと、できないことを探ってみることです。

 

【おすすめページ】
35才 転職
35才の転職は今まさに旬です!

 

 ただ曖昧に、今よりいい職場を求めるのは簡単なことです。しかしそうして転職をすれば、また同じ不満を抱いてしまうかもしれません。転職の回数が決まっているわけではありませんがいつもこれっきりのチャンスと考えて、一般的に好条件な職場だけではなく、自分が働きやすい仕事を見つけられるようにしたいですね。



このページの先頭へ戻る