ネットのニュースで、35歳転職限界説は崩壊しつつあるというニュースを目にしました。これは、35歳以上の転職希望者においてとても光明のあるニュースだと私は思います。

 

 転職をするとき「もう歳だからな」と、簡単に転職をあきらめてしまう人がいます。しかし、今の時代は実力主義の時代ですから、ある意味何歳であろうと、会社に貢献できる、会社の利益になる人材であれば、積極的に採用する傾向があります。

 

 確かに、一般的に考えれば若い人のほうが転職は有利かもしれませんが、若い人=将来性のある人という考え方は、すでに古くなってきているのもまた事実です。ですから、30代40代、またはそれ以上であったとしても、転職に対する意欲を失う必要はまったくないのです。

 

 つまり年齢的限界はなくなってきているのですから、自分が会社に対して何ができるのか?どう働きたいのか?ということを、年齢に関わらずしっかりと考えておくことのほうが大事です。そうして、若い人の持っている将来性よりも、30代40代の人が持ち合わせている仕事の経験値が重視されてきていますので、転職をするときはそれをアピールすると、転職に成功しやすいと私は思っています。

 

 つまり、若い人のような若さという武器はありませんが、知識や経験という武器が30代や40代の人にはあるのだということを、転職希望者には強くアドバイスしたいと思っています。



このページの先頭へ戻る