雇用均等法が1985年に制定され、幾度かの改定ののちに現在の形にはなっていますが、残念ながら現在でも正社員になれず苦労をしている女性は多数いらっしゃいます。そんななか正社員になるためには、なぜ正社員に登用されにくいのか、どうすれば正社員に近づけるのかを知っておく必要があります。

 

結婚&出産が会社のネックになっている

 新卒で会社に入社し数年働いたのちに、今から活躍してもらおうと思っていた矢先、結婚や出産で会社を辞めたり休職されてしまうと、会社側も失望してしまうので、、重要なポストを任せにくくなるという状態になってしまいます。

 

結婚しても仕事ができる事はアピールにつながる

 これから転職をしようと考えた名場合、会社の立場からいうと、どうしても将来的な事を考えますので、これから結婚したら?子供ができたらどうする?という質問に対し、明確な解決策を考えておく必要があります。結婚後、義両親や親と同居したり近くに住む予定であるなど、家庭と仕事を両立させられることをアピールできると、転職には有利になります。

 

前職と同じ職種と資格

 未経験職へ転職しようと考えるより、以前働いたことのある業界へ転職した方が即戦力にもなりますし、転職先で使うことのできる資格を持っていることで、これからの仕事への熱意やアピールにもつながります。


このページの先頭へ戻る