将来の自分を想像してみましょう

 転職するにあたって、最初に考えるのは自分がどうなりたいかということです。就職してから1年後、3年後、10年後など、短期・中期・長期を含めてどうなりたいか、ということを一度考えてみましょう。

 

 生活を安定させたい、出世したい、経験を積んでより良い会社へ転職したいなど、モチベーションとなる目的が見えてきます。そうして出てきた目標に優先順位を立ててみて、就職先の会社や業種を選んでいくと、就職活動や就職後の活動に何かしらの不満があってもモチベーションを保ちやすくなります。

 

どんな業種に就職したいか考えてみましょう

 上記の目標を元に、自分に合う業種を考えていきましょう。前職のキャリアアップとして転職を希望したなら同業種、もっとよい待遇や給料で働きたいと思ったなら、まず同業種で調べて駄目だったら他業種に、やりたいことが別にあったという方は給与面は多少妥協しても他業種を探すなど、目標を元に転職先を探していくことがモチベーションを保つことに繋がります。

 

どの会社に就職したいかを考えていきましょう

 さて、目的が決まり業種が決まりました。最後にどの会社に転職したいかということを考えていきます。まずは募集要項に目を通し、給与面や業務内容をしっかりと読んでいきましょう。特に業務内容は希望の業界に就職しても業務が全く関係ないなどもあり得ますので、注意が必要です。詳しく載ってない場合は応募の前に、その会社に問い合わせを行なうとより正確に把握することが出来るかと思います。

 

 また、その会社が百貨店などお店の場合は一度お客としてそこへ行ってみると雰囲気など外から見えてくるものもあります。株価や決算情報などを見ることが出来れば、その会社の安定・成長度合を測ることもできますので、会社研究はしっかりと行なっていきましょう。


このページの先頭へ戻る